渋谷教育学園渋谷

渋谷教育学園渋谷

開成にはできないことをする

「自調自考(じちょうじこう:自分で調べ、自分で考える)」を基本精神に、実践的なグローバル教育を行い、

独自の教育で注目を集めるのが渋谷教育学園だ。1983年創立と歴史は浅いが、大学合格実績は目覚ましい。2014年度、東京大学へは渋谷校から14人、幕張校から48人が、医学部へは渋谷校から47人が、幕張校から87人の合格者を出している。

渋谷は幕張よりも生徒数は少ないが、両校とも国際的な生徒を育成しようとしている。違いは立地であり、幕張校ができる前は千葉の生徒は私立進学校に行こうとすると、開成や麻布など都内に行っていたが千葉のトップ生は幕張校を選ぶようになったという。

生徒個人が「未来に漕ぎ出す力」を備えているのが渋谷教育学園のDNAである。かつての日本ように、いい大学にいって、ヒエラルキーの上位を目指せばいい時代は終わったという。明治維新と同じような大変革が日本を襲っていると感じている。既存の価値観の多くが否定され、突如、現れた新たな価値観にとって代わられる。ならば、明治以来、続けてきた教育のあり方だって見直されるべきだ

そういう時代に、どういう航路をとればよいのか。“メイドイン渋谷教育学園”の生徒たちはそれを直感的に感じている。、新たな時代に対応できるような授業をするという。(http://toyokeizai.net/articles/-/14647?page=4)

。引用元:渋谷教育学園理事長(渋谷校・幕張校校長)田村哲夫さん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>