制約×東大×勝算。

制約×東大×勝算。

こんばんは!(寝ている方はスミマセン!!)朝型の生活を取り戻しつつも、いきなり3連休で夜型になってしまいました。

今回はNewspicksで取り上げられていた東大スタートアップの記事が気になったので、その事と上記のタイトルについて書いてみます。

まずはキーワードの一つである「制約」について。

前田さんとけんすうさんの対談でも触れられていましたが、物事や仕事のスケジュールに対して、自分で制約をかける事で、大幅に成果を出せる可能性が上がるという事です。これはハンターハンターのクラピカが自身の鎖の念能力を旅団にしか使用しない事に限定し、さらに自分の命を誓約にかけた事で、全ての系統の念能力を100パーセント引き出せた事にも関連します。(最新版の連載では誓約の条件が変わっていた?)

これをスタートアップやベンチャーにも応用すると、メンバーに東京大学に関連した人物がいると成功率が高くなるといえるかもしれません。アメリカではスタンフォードのトップ層の学生が起業し、ガレージから「自分で会社を起こす人物」が賞賛されます。反対に日本ではトップ層の学生は官僚か外資に就職し、起業する層はドロップアウト層やレイヤー的にもあまり高くないと言われている可能性もあります。この事例を肯定も否定もしませんが、事実として受け入れる必要があるかもしれません。

東大の学生に起業に関心を持ってもらい、新たなベンチャーを生み出す事が、今後の日本の発展にも関わってくると言えます。

上記の理由から、自分も東大生を引き込む事にチャレンジし、また東大生にも負けない何かを身につける必要があると感じました。

続く・・・・・

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>