アクティブリスニング(外見)

 

スーツで主に気にするのは、スーツ・ネクタイ・靴ではないでしょうか。時と場合により上手な着こなしができると、相手にも好印象を持ってもらえます。それが今後の仕事につながる場合もあるので、自分では結構気を使っているつもりです。
例えば、相手企業との打ち合わせ。派手にするとあまり良い印象を与えません。スタンダート過ぎると、印象に残りずらくなるとも思います。そんな時は薄めの色のシャツと、それと同系色のストライプ柄などを選択しています。ストライプに白が入っていればなおいいと思います。清潔感もあり、色を使う事で自分を出せる気がします。もう一工夫という時には、ネクタイを太めに結ぶ様にしています。最近では細めの結び方が主流なので、あえて太めでインパクトを出しています。

当初は、ネクタイの結び方などひとつしか知らず、そこまで気にもしていませんでした。しかしスーツ姿の方々と接していく中で、スーツによる印象を強く感じるようになりました。素人ながらに知識を深め、スーツ店でも店員さんにアドバイスをもらいながら現在にいたりました。
正直、自分はあまりスタイルのいい方ではありません。そんな体型を少しでもカバーするため、薄目のストライプが入ったスーツも気に入っています。
結婚式など、少しフランクな装いの時もそのスーツです。会社に行く時よりは少し派手な色になりますが、あまり下品にならないように気を付けています。細目のネクタイを選択して、長さのバランスを整えながら調整しています。ワンポイントにネクタイピンも付けています。周りとの違いを出しつつ、しっかり着こなせるようにしています。
靴はちゃんと磨き綺麗に履く事が一番ではないでしょうか。現在は、ブラックが2色と所持しています。。底が減ったら交換したり、中敷を気にしたりして長く愛用しています。最初に買った靴が何にでも結構あういい靴でした。少し高かったのですが、一目惚れして買いました。今でも1番履いている1足です。歩いている時の音も好きな理由の一つです。
今後もスーツやネクタイ、シャツを買う機会が多いと思います。年齢と共にタイプも変わっていくと思いますが、上手に自分にあった物を選んでいきたいです。また、セットアップタイプにもチャレンジしていこうかと考えています。

 

スーツと言うのは、着ていれば無難である、と思われがちですが、はっきり言って逆です。
制服姿の人やスーツ姿の人を見ていれば解りますが、全員同じである場合、細かい部分に目が行ってしまうので、難しい服と言えましょう。

しかし、キモは割とシンプルです。ジャストフィット、上質、流行の3つです。
まずフィッティングですが、いい加減な人が割といるのです。

ジャケットは肩幅をジャストに合わせましょう。そうでないと背中側に変なしわが出来、見る人が見れば、選ぶスタンス自体がチープと思われます。
また袖丈の長さも大事です。男性の場合、シャツが少しのぞくくらいが正解です。
女性の場合もフルの長さの場合は同じ基準でどうぞ。
ジャストに合わせてあるスーツというのは、それだけ選び方に気を遣った証拠でもあり、それだけのマナーが身についているという証明にもなります。

第2の上質も同じです。これはコストパフォーマンスといってもいいかもしれません。
リクルートにやたらに値の張るブランドものでは、何しに来たんだ、と言う感じが強いですね。
適当ではないが、分不相応、清潔感の感じられるものが大事です。
具体的には、あまりテカテカした感じのしない生地がビジネスシーンでは向いています。上質な輝きを放つスーツはもちろんありますが、お手ごろ価格のスーツだと光沢が控えめなものが多いですね。

また黒は避けておいたほうが良いです。シックではありますが、やはり喪服のイメージがあります。
気にしないタイプの人もいますが、そう思われるかもしれない、と言うことは避けましょう。
また20代だと、はつらさに欠けて見えます。紺や茶系など黒に近く落ち着いた色は誰でも好感が持てます。

最後に流行ですがこれまた、やたらにアップデートにする必要はありません。
しかし女性用スーツはここ数年、カフス部分が折り返しになっている7分丈のものなどがあります。知っていて選ばないのと、最初から知らないのは違います。
袖の折り返しのあるものは、リクルーターには少し生意気に見えますが、女性の営業職の場合、少しおしゃれ度がアップします。
また流行を少し入れることで「時代を意識する」ことをアピールできます。
仕事をする上で最新の知識が少ない場合、やはりアピールが弱くなってしまいます。今時を入れておくだけで、スピード感に対応できる人、今のトレンドをある程度チェックしている人と言うアピールが出来ます。

女性の場合は、場面に応じて、少しインナーやアクセサリーを変えるなど工夫をしてみましょう。
事務系の場合に、にぎやかアクセは仕事をしているのか?というイメージですが、営業で堅すぎるのも女性としてはもったいないもの、年齢、性別は意識して選んでくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>